×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

確定拠出年金=401kの仕組みの解説、資産運用・ポートフォリオ戦略に関する入門ガイド

初心者のための確定拠出年金(401k)入門ガイド

代表的制度の資産運用事例1


年金積立金管理運用独立行政法人

 年金積立管理運用独立行政法人では、厚生年金保険と国民年金の積立金運用を行っており、2006年3月末の積立金額の時価は、市場運用72.2兆円・財投債30.3兆円の合計102.5兆円。

基本ポートフォリオ
      基準値  許容乖離幅
国内債券  67%  8%
国内株式  11%  6%
外国債券   8%  5%
外国株式   9%  5%
短期資金   5%  --

基本ポートフォリオの前提としている期待リターン・リスク・相関係数

期待
リターン
予想
リスク

国内債券

国内株式
相関係数
外国債券

外国株式

短期資金
国内債券 3.0% 5.43% 1.00 -- -- -- --
国内株式 4.8% 22.57% 0.22 1.00 -- -- --
外国債券 3.5% 13.63% -0.05 0.29 1.00 -- --
外国株式 5.0% 19.50% -0.01 0.25 0.55 1.00 --
短期資金 2.0% 20.00% 0.39 0.05 -0.03 -0.07 1.00
合   計 3.37% 3.70% -- -- -- -- --


4.もっと詳しい年金の話 目次

1. 国民年金
2. 国民年金基金
3. 2005年度以降の国民年金・基礎年金の国庫負担割合の見直し
4. 2005年度以降の国民年金・基礎年金の仕組みの見直し
5. 厚生年金保険
6. 厚生年金基金

7. 2005年度以降の企業年金の見直し
8. 二国間社会保障協定
9. 確定給付企業年金と適格退職年金
10. 年金にかかわる税金
11. 代表的制度の資産運用事例1
12. 代表的制度の資産運用事例2

ページ最上部のタイトルロゴをクリックすると、トップページに戻ります。

企業年金連合会

 2006年3月末の時価積立金額は、12.6兆円。

基本ポートフォリオ

IIレベル Iレベル 基準値 Iレベル IIレベル
国内債券 43 39 37% 35 31
国内株式 39 35 33% 31 27
外国債券 11 9 7% 5 3
外国株式 28 25 23% 21 18

Iレベルに収まる範囲は許容範囲で、I-IIレベルまで乖離した場合は、掛金・給付シェアの機動的変更による調整を実施、IIレベルを超えて乖離した場合は、掛金・給付シェアの変更とともに、資産売買による調整を実施。

基本ポートフォリオの前提としている期待リターン・リスク・相関係数

期待リターン 予想リスク
国内債券
相関係数
国内株式

外国債券

外国株式
国内債券 1.50% 5.00% 1.000 -- -- --
国内株式 6.00% 21.00% 0.186 1.000 -- --
外国債券 2.50% 12.50% -0.088 -0.363 1.000 --
外国株式 7.00% 19.50% -0.049 -0.049 0.542 1.000
合   計 4.32% 9.17% -- -- -- --




年金運用のために投資信託をもっと詳しく知りたい時は > 投資信託 辛口入門ガイド
| 初心者のための確定拠出年金(401k)入門ガイド | IPO初値分析・株式投資 | IPO初値予想・分析日記 |